2012年

10月

29日

批判票の獲得合戦

10月29日(月曜日)

先日行われた、衆議院鹿児島3区の補欠選挙の結果、自民党候補が返り咲きを果たしました。

次の衆議院解散選挙の前哨戦として注目を集めた選挙ですが、マスコミの多くも次は自民党が強いという認識で一致していると思います。

しかし、自民党を積極的に支持しているというよりも、民主党があまりにひどいので、民主党の批判票の行き場がどこに行くかという悲しい現実があるように思います。

以前、自民党の長期政権がバブル崩壊後のかじ取りを誤り、失われた20年といわれる長期低迷を招き、首相も毎年のように変わるようになって、支持率が低迷し、その批判票が民主党に集まったことで民主党が政権をとりました。

そして、今回民主党がマニフェストの反故、更に景気低迷、震災の原発への対応などで国民の信頼をなくし、そして、維新の会がそこに彗星のごとく現れましたが、今回は民主党のトラウマがあるのか国民は新党に対して懐疑的に見ています。

そして結局、政治全体の不振から投票率が下がり、投票も積極的支持票ではなく、批判票の行き場がなくなって自民という結果になっているように思います。

しかし、自民党が依然と変わったのかというと、あまり変わっていないように見えますし、非常に暗澹たる気分になってしまいます。

この状況を打開するすべはなかなか難しく、一朝一夕には改善することはできません。

代議員制度という制度をもう一度最初から見つめなおし、国民の意見の反映をどのようにしていくことが最もいい形なのかを、国民レベルで議論することから始めないと、たぶん、国民がどん底まで行って痛い目を見ないとわからないという結果になりそうな気がします。