外食産業にみる景気動向

2014年2月9日(日曜日)

昨年は成人式に大雪となりましたが、今年はそれ以上の大雪となりました。

このような大雪になると、皆さん外出を控えるので外食産業は大きな痛手となります。特に週末にこのような大雪になると、もう、お手上げの状況です。

先日、「日本フードサービス協会」から、「外食産業市場動向調査平成25年年間結果2013年1月~12月合計」というものが出ました。

結論から申しますと、全体では微増というところです。

では、日本フードサービス協会の2013年年間の発表内容と数字を見ていきたいと思います。

<全体概況>

2013年の全業態トータルの年間の全店売上は、景気回復傾向の中、店舗数増と客単価上昇から、100.7%となり2年連続して前年を上回った。

業態別の売上は、「ファーストフード」と「パブ/居酒屋」の業態を除いて「ファミリーレストラン」(103.3%)「ディナーレストラン」(102.1%)「喫茶」(100.1%)「その他」(105.2%)は2年連続して前年を上回った。なかでも「ファミリーレストラン」は客数、客単価、店舗数ともに伸びて外食産業を牽引し、特に焼肉は112.5%と群を抜いている。(日本フードサービス協会)

では数字を見てみましょう。(前年対比%)

               売上高 店舗数 客数  客単価

全体                                     100.7     101.4   99.9     100.8

ファーストフード計                   99.5    101.9    99.4    100.2

      洋風                      96.1     99.5     95.1    101.0

      和風                    103.6    102.8   104.2     99.4

      麺類                    107.8    109.5   108.3     99.5

持ち帰り米飯回転すし                99.9      99.5   100.6     99.3

     その他                    104.1    103.0   103.7    100.4

ファミリーレストラン計           103.3    101.1   101.6    101.6

      洋風                    101.2    100.6   100.3    100.9

      和風                    104.5    101.5   103.6    100.9

      中華                    102.6    104.6   102.5    100.1

      焼肉                    112.5      99.1   109.8    102.4

パブ・居酒屋 計                      96.5      99.8     97.7      98.7

  パブ・ビアホール              103.2     101.4   105.1     98.2

              居酒屋                     96.5      99.8      95.8    99.3

ディナーレストラン計              102.1     100.1   101.4    100.7

喫茶 計                                100.1     100.3    98.7     101.5

その他 計                             105.2     104.1  106.3       98.9

このデータを見ると

1.居酒屋の凋落ぶりが顕著になっている

2.麺類の出店数の多さと売り上げの伸びが顕著になっている

3.焼肉は特に客数の伸びで大きな伸びを示している

4.洋風よりも和風が伸びている

5.売上が伸びているところは喫茶を除き相関関係である

6.売り上げが伸びているところと客単価はあまり相関性はない

ということが分かります。

このことから、人口動態などとトレンドなどを含めて分析したいと思いますが、焼肉の前年対比があまりに大きく動いているので特殊要因があるのではないかと思い、日本フード協会にお願いし、過去データを送ってもらったところ、やはり、特殊な要因がありました。

焼肉はファミリーレストランの小分類に入るため、全体とファミリーレストランと焼肉の3つのデータを、リーマンショックの起きた2008年から見てみると面白い結果が見えてきます。

 

      全体 ファミレス  焼肉  (売上の前年対比%)

2008        101.3     98.4            95.5

2009          98.5     95.5            95.8

2010        100.5     99.3            98.6

2011          98.8     98.4            92.3

2012        101.6    102.7          106.8

2013        100.7    103.3          112.5

といういようなデータとなっています。焼肉は2008年から2011年まで前年を下回っていたのです。特に、2011年は落ち込みが激しくなっています。そういえば、そのころ焼肉屋で食中毒による死亡者が複数出たころかもしれません。その焼肉離れの反動が来ているというところが正解で、景気が良くなって急に焼肉を食べだしたということではないようです。

今週はちょっと長くなりましたので、全体の突っ込んだ分析は来週にしたいと思います。