デング熱拡大

2014年9月7日(日曜日)

季節は、夏から秋に向かって着実に進んでいますが、東京では一筋縞蚊によるデング熱の拡大という心配な状況が拡大しています。

代々木公園での感染から、明治神宮へ、新宿中央公園へ、そして昨日は神宮外苑から外堀公園へと可能性が広がっています。

これは、蚊が何らかの輸送物に乗り移動したことも考えられますが、代々木公園でデング熱に感染した蚊に刺された人が、移動して移動先でまた蚊に刺されるという伝染経路が考えられます。

従って、デング熱に感染した人は、蚊に刺されないようにしないということになりますが、発症しない人もいることからなかなか難しいところです。

本当に一筋縞蚊というのは厄介なヤツです。

私は、蚊にされれるのがとてもストレスで、蚊に刺されると普通の人より痒さが気になってしようがありません。

ちょっと、血を吸うだけなら吸わせてあげるから、余計なものを残さないでくれとお願いしたいくらいです。

蚊に刺されやすい条件というものがあるらしく、

・黒に反応する

・熱が高い人に反応する

・汗の臭い、特に乳酸に反応する

・二酸化炭素に反応する

という4つの条件が蚊を引き寄せるようです。

つまり、色、臭い、温度というセンサーをフル回転させてターゲットを選定して気づかれないように接近してくるという憎いヤツです。

しかも、この一筋縞蚊というのは、とてもすばしっこいやつでなかなか見つけにくいという特徴と、気づいたときには仕事を終えて飛び去ってしまっているという優れた能力を持っています。

その一筋縞蚊の仕事を成功させている理由の一つに、最初に刺したときに出す蚊の唾液の中に、痛さを感じさせないのと血液が固まりにくくする物質が含まれていることが原因のようです。

こうしてみると、一筋縞蚊という生物は、とても高度な能力を持ち合せた生き物であるということが言えると思います。

その唾液が、デング熱、マラリア、西ナイル熱などのウィルスを含んで感染してしまうという図式です。

なんか、スパイ小説に出てくる必殺のスナイパーのような恐いヤツです。

そして、この東京の状況を見ていると、見えないテロリストという感じさえします。

この一連のデング熱の拡散で、都内の公園から子供達がいなくなっています。

速く、涼しくなって憎き蚊がいなくなることを願っています。