東京オリンピック追加種目決定

2016年8月7日(日曜日)

8月に入り、いろいろごたごたしていたリオのオリンピックがなんとか開催にこぎつけたようですね。

BRICSの先頭に立って、経済が絶好調の時に決定したリオのオリンピックでしたが、リーマンショックからブラジルの経済は失速し、更に政治的な問題も発生したことから国民もオリンピックどころではないというような気分になり、大規模なデモなどが起きました。

蚊が媒介するジカ熱などの問題で、いろいろな競技の世界トップ選手が参加を辞退する、ロシア選手のドーピング問題など開催直前までバタバタしたような大会になりました。

そんな中、2020年に開催される東京オリンピックの追加種目が決定したとの報道がありました。

決定されたのは5種目です。

1.野球・ソフトボール

2.空手

3.ローラースポーツ

4.スポーツクライミング

5.サーフィン

野球とソフトボールそして空手は、日本のお家芸ともいえる競技で、選手層の広がりも相当広いスポーツとして小学生からシニアまで多くの愛好者がいると思われます。

3のローラースポーツはスケートボードやインラインスケートなどでしょうか?

そして4のスポーツクライミングは、今流行りのボルダリングのようなフリークライミングに近いものなのでしょうか?5のサーフィンも含めて3~5は、平成時代に日本に定着したスポーツといえるのではないでしょうか。

このどれもが、あまり大きな施設や競技場を必要としない、場所もコストもコンパクトな大会になりそうです。

東京オリンピックまであと4年となりました。

個人的には、友人と江戸庶民文化研究会という活動をしており、東京オリンピックの際には、ボランティアで東京は江戸文化の上に成り立っているということを中心に、来京される外国の方々をゆかりの地などに案内できればと相談しています。

しかし、今日のような8月の猛暑の東京でオリンピックが行われるとなると、選手の方々や観戦に訪れてくれる人たちはもちろん、我々自身が熱さに負けない体を作っておかないといけいないと痛感しています。