夏の終わり

2016年9月4日(日曜日)

今年も8月が終わり9月に入ってしまいました。

最近は台風が多く、10号では北海道と東北で大量の雨が降り、河川の氾濫による被害が出てしましました。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

今年の夏を振り返ると、東京にいて感じたことは6月と7月は雨が少なく、けっこう暑い日が続いたような気がします。その影響で水不足が心配されるという状況になっていました。

しかし、8月に入ってからは結構雨が多く振り昨年のような暑さはなかったように感じます。

そこで、昨年1年間と今年の1月から9月3日までの東京の猛暑日を比較してみたら、2015年東京での猛暑日は11日間ありました。それに対して2016年の9月3日までの猛暑日は3日となっており、1/4から1/3とやはり少なくなっています。

もちろん、9月3日以降に猛暑日になる可能性もありますが、その確率は非常に低いのではないかと思います。

このような気温というものは、経済に大きく影響することは皆さまご存知だと思います。

衣料品・食料飲料・レジャーなどをはじめいろいろな分野で、暑さと寒さがあるがゆえに売り上げが上がるものがあります。

特に8月は夏休みやお盆があるのでその時期に暑くないと売り上げが上がらないものが結構あります。

水着をはじめとするレジャー用品や日焼け対策商品、スイカや清涼飲料水そしてアイス類などは30度を超えると一気に数字が上がってきます。

特にコンビニエンスストアは8月の気温の影響をまともに受ける業態です。

コンビニエンスの清涼飲料水やビール・缶酎ハイやアイスは8月の売り上げにとって大きな部分を占めているからです。

百貨店やスーパーそしてホームセンターやドラッグストアも夏が暑いからこそ売れる商品がたくさんあって、それが売れないとかなり厳しいものになります。

8月のそれぞれの業種・業態の売り上げは9月の後半になって発表されますが

気象の状況から推測するとかなり厳しい状況になっているのではないかと思います。

早めに秋の展開をしていくことが重要になります。