広島カープリーグ優勝

2016年9月11日(日曜日)

昨日の東京ドームで、広島カープが読売ジャイアンツを倒しリーグ優勝を決めました。

マエケンが抜けた今年の広島カープが優勝するとは私は全く予想できませんでした。

しかも、この優勝は完全優勝といっていいものです。

データを見ますと以下の通りです。

得失点差  1位

本塁打数  1位

盗塁数   1位

打率    1位

防御率   1位

野球で必要とされる走攻守の3拍子が揃った素晴らしいチームといえます。

黒田と新井というベテランが返ってきたとはいえ、マエケンという脂の載っているエースが抜けた穴を埋めるのは難しいのではないのかというのが私も含めての予想の大勢ではなかったでしょうか。

この優勝を導いた要因として、黒田選手や新井選手の選手としての活躍とチームに与える影響というのがあると思います。

しかし、データを見る限り、これは、緒方監督というチームのトップのマネジメント力なしに考えられないとコンサルティングとして思います。

防御率・打率・盗塁・本塁打の全てで年間で1位になるということは、付け焼刃でできることではないと思うからです。

走攻守という野球の基本に対して、ち密な計算のもとにオフシーズンから戦略的にチームを作り上げてきたのではないかと思います。

また、選手が思い切って積極的にフレーできるように持っていく能力もあるのではないかとも思います。

最近ほとんど野球を見なくなってしまったのですが、この優勝とデータを作り上げた緒方監督というチーム経営力に心から賞賛を送るとともに、経営者としての側面を分析してみたくなりました。

リーグ優勝、本当におめでとうございます。