深刻化する人手不足の根本的原因

2017年8月13日(日曜日)

最近、人手不足、特に若手の人材不足が顕著になっており、支援させていただいている企業や商店街の経営者にとって深刻な問題となっています。

メディアなどでは、経済が上向いてきているということが、その要因としているようですが、根本問題は構造的な人口問題にあります。

現在およびこれから労働市場からリタイア予定と、これから労働市場を担う人口統計を見てみますと、それがはっきりわかります。

まず、現在およびこれからリタイアしていく60歳台の人口とこれから労働市場に入ってくる若年層の人口の比較を見ていきましょう。

69歳 1,267,080                         22歳 1,176,156

68歳 2,037,931                         21歳   1,200,645

67歳 2,156,356                         20歳   1,209,293

66歳 2,183,550                         19歳   1,194,555

65歳   1,998,950                         18歳   1,206,550

64歳   1,866,433                         17歳   1,214,737

63歳   1,766,553                         16歳   1,196,987

62歳   1,671,640                         15歳   1,195,559

61歳   1,574,411                         14歳   1,168,566

60歳   1,575,973                         13歳   1,152,224

リタイア予定合計18,098,877         エントリー合計11,915,272

この数字を見ますと、リタイア組の数字が、エントリー組の数字を大きく上回っていて、現在の人手不足と、今後の人手不足の継続が予想できるものとなっています。特に建設関係、飲食関係、介護関係など体力的な労働を求められる業種では、さらなる人手不足が深刻化していくことが予想されます。それは、リタイア組がリカバリーできるものではないからです。

この状況で必要になってくるのは、若年外国人労働者による労働集約型業種への労働力確保と、リタイア組の労働年齢力の知識・経験活用の2つの政策が必要になっていることは明確です。総人口自体も緩やかに減少のトレンドに入っていますが、それよりも急激なペースで労働人口が減少しているというのが、日本における人手不足の根本原因となっています。

政府や官庁も働き方改革や労働条件の見直しを行っていますが、根本的にこの問題を解決できるかが喫緊の課題となっています。