amazon ECHOついに日本上陸

2017年11月12日(日曜日)

11月に入り年末商戦に入ろうというタイミングで、AI搭載の音声認識対話型機器amazonEChOが日本語対応で販売されることになりました。

既に、googleとLINEからは似たような機種が販売されていますが、amazonECHOはamazonという買い物のプラットフォームを持ち、決済を握っていることから、いろいろなビジネスを展開できる土壌を持っている点で強いと思っています。

私は、amazonのプライム会員なので早速買いたいと思ってamazonのサイトで注文しようとしたら、招待を受ける必要があるという。

 

”「招待された方のみ予約注文が可能です。」”

 

これが、amazonサイトに出てきた文言です。

ずいぶん強気な感じですが、最近のappleなどの販促戦略などを見ていても、かなり、消費者心理を煽るような演出が続いており、また、いわゆる新し物好きの人たちもそれを楽しんでいるような流れになっています。

私は、これらの機器の可能性をかなり高く評価しており、使用していく過程で新しいビジネスもどんどん出てくるのではないかと思っています。

というわけで、プレミアム会員用の招待ボタンを押しました。

そして、招待状のリクエストを受けましたというサイト内の表示が次のように出てきました。

 

”リクエストをお送りいただきまして、ありがとうございます。

招待されたお客様には、今後数週間のうちに、招待メールをお送りします。


この製品は招待された方のみご購入可能です。

 

詳細はこちら

これで、基本的なエントリーができたわけですが、やはり、招待状が届くのが楽しみになってきます。トホホ・・・

そして、メールボックスにもメッセージが届きます。

 

”「Echoの招待リクエストをありがとうございます。
招待されたお客様には、今後数週間のうちに、ご招待Eメールをお届けします。
ご招待Eメールを受け取られた方は、対象商品をご購入いただけます。

よろしくお願い申し上げます。
Amazon Echo
チーム」”

 

「招待されないと買えないのか!!と」言いたいところですが、ここは、こらえて招待状を待っているところです。

ちなみに、期間限定で割引セールが行われています。

 

”「Echoがプライム会員なら、11/17までにリクエストすれば4,000円OFF!」

 

定価が、11,980円なので7,980で買えるということです。

このamazonECHOのアレクサ君がどれくらい私に忠実な執事になってくれるかを試すには、リーズナブルな価格といえます。

最後に、基本的なamazonECHOの機能をサイトからコピペしておきます

 

”「音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作

  • たとえ音楽が流れていても、雑音の中でも、離れたところからでも、7つのマイクでしっかりと音声を聞き取ります
  • Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学びます
  • パワフルな360°全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。上質なオーディオをお楽しみいただけます
  • 音声操作にて音楽再生いただけます。Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名など指定して再生や、Alexaに選曲をおまかせもできます
  • PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなどのスマートホームのデバイスをコントロールできます    」
  • アーリー・アダプターにとっては、食いつかないわけにはいかないディバイスです。
  •